HOME > フランチャイズレポート Vol.3

フランチャイズレポート

フランチャイズレポート インタビュー記事Vol.3 ネイルクイック

ネイル業界を牽引し続けている「ネイルクイック」。直営店57店舗(ネイルクイック55店舗、スパネイル1店舗、 ネイルパフェ1店舗)・FC6店舗の展開実績は、日本トップクラス。 代表・坂野氏は、フジテレビアナウンサーを経て、MBA取得やコンサルティング会社経営等、多能な経歴を持つ。

INTERVIEW インタビュー

Q.「ネイルクイック」を創業のきっかけは?

キャリア戦略研究所を立ち上げてから2年程たった頃、久しぶりにニューヨークへ行く機会がありました。その時、ネイルのお店がすごく目に付いたんです。入ってみると、若い女の子からマディソン・アベニューを歩いているような奥様まで、皆さん手を出してネイルをしていたんです。これは面白いと思いました。

私は当時日本でもネイルサロンへ行ったことがあったのですが、ちょっと高いなという印象がありました。今のようにジェルではなく、マニキュアでした。値段は5,000円から6,000円、予約もなかなか取れないし、気軽にやりたい時にできない。

ニューヨークで見たネイルサロンは、私のイメージ通りでした。是非これを日本でやりたいなと、できれば1,500円位でやりたいと思ったんです。

その後、半年ぐらいリサーチをし、1996年に現在の「ノンストレス」の前身である「ザ・クイック」を立ち上げました。リサーチでは、お客様のフォーカスグループインタビューを行ったり、当時あったネイルサロンを調査しアンケートを取ったり、競合調査、顧客調査をしました。結果、これはやはりチャンスがあると思いました。そして、働く女性のためにいろんなクイックをつくっていきたいという思いもあり、「ザ・クイック」という社名で創業しました。

創業前の半年間でビジネスプランを書き、資金調達を行いました。お店を出すまでには、5か月かかりました。それまで、店舗ビジネスをしたことはなったので、そのオープンまでの5ヶ月間は大変なものでした。

Q.開業にあたり特にこだわった・力を入れたのはどこですか?

物件選定と人材採用・教育は、特に力を入れ行いました。

物件のイメージは最初、1階路面店で銀座や表参道だったんです。その条件ですと、保証金だけで1,000万とか2,000万とか。当時2,000万の資本金で開業しようとしていましたので、その保証金はありえません。条件に合う物件を探すのはもの凄く大変で、3ヶ月くらいは物件探しに費やしました。不動産業者からはたくさん物件情報が送られてきました。もちろん、自分でも物件を見に行きました。

最終的に私が気に入った物件は3軒ほどありました。1軒目、2軒目は他の会社さんに取られてしまったり、物件オーナーと交渉をしたけれども一棟貸しで難しかったりだとか。結局3か月程かかって最初の物件は見つかりました。最終決定した物件に出会った時は、これだと思いました。その1号店は今でもあります。

物件は、創業から3店舗は商業施設ではなく一般のビルのテナントでした。また、1階は賃料や保証金が高いですので、3階の物件に入りました。決め手は、家賃や保証金が安いところ。あとはキレイかキレイじゃないか。賃料等が安くても工事費用がかかってしまたり、逆に賃料等が高くても元々キレイで工事費用があまりかからなかったり。コスト意識を強く持ち物件選定しました。

物件が見つかってからは、今度は人材と材料です。スタッフを募集して、研修して。材料はネイル協会の方と顧問契約をして仕入れてと。人とモノを進めていきました。

人材ははじめ8名採用しましたが、うち2名は無断遅刻や無断欠勤があったりと長続きはしませんでした。これまでの常識が通用しない事もあり、人材採用・教育の難しさを痛感しました。しかし、創業メンバーのうち2名は今でも残っています。一人は役員一人は教育長、一緒にネイルクイックを大きくしてきました。

Q.ネイルクイックのコンセプト(特徴・差別化)はなんですか?

これまで16年間やってきましたので、色々と変化してきました。初期の頃は、「クイック・フレンドリー・カジュアル・リーズナブル」この4つのコンセプトを大切にしてきました。

2005年にザ・クイックという会社名をネイルクイックに変えました。これは、お客様に爪を綺麗にすることで得られる喜びを大事にしてほしい。自分自身もそうですが、ゴージャスではなくても、ちょっとした幸せ感を大事にして頂きたい。「ささやかな幸せ」をということと、「ストレスを解消できるような」といことに力点を置くようになりました。それがわが社の経営理念になっています。

今年のスローガンとしては、優しさを伝える。こういった時代の中で、多くの人が癒されたい、優しさを求めている。サロンに来て下さるお客様は、ただ爪を綺麗にするのではなく、癒されたいや愚痴をこぼしたいとか、そういうものをサロンに求めている人も多い。なので、ネイリストは上手に聞き役になるというのが重要だと思います。優しさを伝えるという事を大事に思っています。

他のお店との差別化という点では、店舗展開があります。今年も4店舗を3月4月にオープンさせました。どこに行ってもネイルクイックに飛び込んで頂ければ、一定レベル以上の接客と技術を安心して受けて頂ける。これはチェーン展開しているところの安心感だと思います。私どもはカリスマネイリストを育てるというよりは、標準化していく。そこはチェーン展開している強みだと思います。あと我々にしか出来ないこととして、新しい事にチャレンジしていく。これまでもチェーン展開しているネイルサロンで、初めてジェルを入れたり、ipadを利用してネイルカタログを作成したりしてきました。こういうように常にチャレンジしていきたいと思っております。

Q.ネイルクイックの今後の成長戦略は?

まず一つ目。、国内ではネイルサロンが広く認知されてきました。市場としても約2000億円ですから、大きな市場となっています。なので、これからはネイル業界全体の質を上げていくというのが、おこがましいですがあると思います。そのため、まず弊社としては、ネイリストのランクが、見習い⇒アシスタント⇒E・D・C・・・・と8段階わかれていますが、みんなが早く一人前になってもらいたい。そのためには、まず研修ありきだと思います。教育です。技術だけではなく接客も踏まえた教育をとにかく徹底していくことが、重要だと思っています。

二つ目としては、海外への展開も考えていきたいと思っています。今は、中国の青島に一店舗出しておりますが、今後はアジアやヨーロッパのマーケットを考えていきたいと思っています。

Q.坂野社長が考える「美」とは?

3月に東日本大震災が起きましたが、美というのは、衣食住や命に関わるものではありませんので、次という風に考えられてしまうかもしれません。しかし、メンタルという事で言えば、これからシニアの方々が多くなる高齢化社会では、癒しや美を保ち続けることが重要だと思います。女性は80歳、90歳になっても美しくありたい、美しく思われたいという気持ちを忘れてはいけないと思います。その意識を持ち続けている方は、いつまでもいきいきしています。こういう時だからこそ、美を通して、これからを生きていく活力を得て頂きたいと思っています。

Q.今後のネイル業界全体の発展のためには?

ネイル業界全体としては、やはりコンプライアンスを固めていく必要があると思います。ネイルサロンは、個人事業主の方が多いと思います。税制面も含め、しっかりと遵守して業界が認められるためにもやっていった方がいいと思います。

もう一つは、女性男性関わらず、この業界はもっと伸びていくと思います。これから開業される方は、色んな壁にぶち当たると思います。私もそうでした。物件探しや人材採用・教育など。自分のビジョン・夢を持っていれば、自分自身に何が足りないのかという事を常に反省してそこの所を改善したりして成長していくことができます。夢は諦めないでもって頂きたいということをエールとして贈りたいと思います。ただ気持ちだけあっても、具体策だとか戦術・戦略・行動計画等がしっかりないと、夢には到達できないと思います。成功・繁盛するサロンを経営するには、自分のあるべき姿と現実損益はどうなっているのかとかをしっかり押さえておかないと大きくは成長できないと思います。趣味でやる分にはいいですが、そうでない限り、戦略的に何が必要なのか、具体策として何が必要なのか常に考えていくことができれば、大きく成長する事はできるのではないかと思います。

ネイル業界の先駆者である「ネイルクイック」。 今回坂野社長にインタビューさせて頂き、その成功の秘密を垣間みることができた。 飲食業等から比べると10年20年遅れていると言われる美容業界にて、戦略・戦術をこれまで綿密につくっている会社はなかなか存在しないのではないだろうか。 元フジテレビアナウンサー、コロンビア大学にてMBA取得等、輝かしいキャリアを持つ坂野社長の手腕、ノンストレス社全体の今後の成長を見続けていきたい。

ページトップへ

pick up フランチャイズ特集

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズは、FC本部と加盟店の二者によって成り立っています。FC本部は加盟店に対し、経営ノウハウ・商品・商標等を提供します。加盟店はその対価として、FC本部にロイヤリティーを・・・ 続きを読む

無料相談 ご相談には、専門のFCコンシェルジュがお応え致します。お気軽にお問合せ下さい。 03-5752-3891 月曜~金曜 AM9:30~PM6:30

フランチャイズ募集 サロンFCナビ掲載希望の方はコチラ

FC本部・のれんわけプロデュース フランチャイズ・のれんわけの仕組み構築・本部サポート